病気になっても、貧しい国に生まれても、明日を楽しみに眠りにつける社会を作る。 病気になっても、貧しい国に生まれても、明日を楽しみに眠りにつける社会を作る。
最終更新日 2017年7月25日 
あなたは2012年9月18日より  番目の訪問者です。

仕事ノアル暮らし へようこそWelcome to Worklivelove's Site

代表 田中悦子よりFrom President

田中悦子写真

初めまして。田中悦子です。

愛知県瀬戸市でうつ病、引きこもり、精神障がいの方々の就労移行支援をしています。臨床心理士、精神保健福祉士です。 平成18年から約2年、青年海外協力隊員としてアフリカのルワンダ共和国で暮らしました。現地では、隣に住む大家さんが寝込んだと思ったらすぐ亡くなったり、友人の弟が小学生の若さで亡くなったり、 人生とはあっけないものなのだと知りました。 と同時に、今までの人間関係からは想像もできないような人たちに出会い、泣き、笑い、濃密な時間を過ごしたのも事実です。 いつか終わる人生なのだから楽しまなくてはもったいない、メンタル疾患であっても、貧しい国に生まれても人生を楽しんでほしい。 夜不安とともに眠るのではなく、明日を楽しみにして眠りにつける人を増やしたい。経済的に厳しい人には仕事を、精神的に苦しい人には安心を。私たちと一緒に幸せな夕日を眺めませんか。           

利用状況User's situation

2017年7月25日現在 【定員:就労14名 生活6名】

takoyaki
     

登録者 14人(男性 8名 女性 6名)
(就労移行 8名、生活訓練 6名)   

申請中 0名(男性 0名 女性 0名)

garasu
     

体験 0名(男性 0名 女性 0名)      

就職 38名
(企業 28名、A型 5名、復職 5名)      

24日出席者 8名
(申請中 0名、体験 0名含む)

    

近況Facebook blog

   
    

What's new

2017.7.24
事務スタッフが交代しました。

2017.7.10
生活訓練 7月のプログラムを公開しました。

  
2017.7.10
就労移行 7月のプログラムを公開しました。

 
2017.6.19
生活訓練 6月のプログラムを公開しました。

  
2017.6.19
就労移行 6月のプログラムを公開しました。

      
  
 

SITE MENU

プレスリリース/イベント

  
Copyright(C) 一般社団法人仕事ノアル暮らし All Rights Reserved.